saito.jpg斎藤 明子  Akiko Saito (クラシックギター)
15才でデビューリサイタルを開催。その後スペインへ留学し、‘84年、第2回スペインギター音楽コンクール第1位、’87年、第30回東京国際ギターコンクール第1位、その他国内外の数々のコンクールで優勝・入賞。
・・・続きプロフィール全文

2009年06月18日

10月18日コンサート

2009年10月18日(日) 11:00〜
慶應義塾大学 日吉協生館藤原洋記念ホール
http://2009mitakai.jp/event/index.html#saitoakiko

*2009年慶応連合三田会大会のイベントに出演します!
斎藤明子 クラシックコンサート 「安らぎの10 弦ギター」 世界でも数少ない10弦ギタープレーヤー斎藤明子さん。慶應義塾女子高校で学び、海外のコンクールで数々の賞を獲得した彼女の奏でる繊細かつ壮大な10弦ギターの響きとともに、心癒される時間をご堪能ください。
 
posted by JapanArts at 18:32| コンサートスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

7月18日納涼コンサート

傳通院 納涼コンサート
夏の一夜、フルートと10弦ギター、チェンバロで世界の名曲を・・・

平成21年7月18日(土)
午後5時30分開場 6時開演
会場:傳通院本堂
東京都文京区小石川3−14−6

入場無料:午後5時より本堂前にて先着200名様に入場券を配布します。
問い合わせ:傳通院寺務所 TEL03-3814-3701
http://www.denzuin.or.jp/

第24回文京朝顔市のなかで行われる、気軽に楽しんでいただけるコンサートです。 尾尻雅弘、斎藤明子のギターデュオで、ビゼー「カルメン組曲」、中村洋子「最上川」を、またチェンバロの伴奏で、ロドリーゴ「アランフェス協奏曲第2楽章」の部分を演奏予定です。
posted by JapanArts at 11:17| コンサートスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィールをもっと知りたい!

1967年東京に生まれる。

祖母の叔父は山田耕筰。

父はイラストレーターの草分け、斎藤融。

4歳になり何かお稽古事をやらせてもらえることになり、憧れのバレエ、ピアノと見学するも、レッスンのあまりの厳しさに夢破れる。当時流行していたカントリー&ウエスタン、ブルーグラスなどが好きだった父の勧めで、ギター教室を見学に。クラシックギターを聴くのは初めてだったが、その暖かい響きに誘われレッスンを始める。当時クラシックギター界では英才教育への試みが始まったばかりで、その第1号として、先生からも、ギター界からも、大切に育てられる。

慶応義塾中等部ではマンドリンクラブに在籍。卒業後、同女子高等学校に入学。
ギターを学ぶため16歳で単身スペインへ。バレンシア地方のアルコイ市で1年間ホームステイをして暮らし、カルチャーショックを受ける。

帰国後高校在学中に部活動でロックバンドのギターを担当することとなり、エレキギターを経験、“ギターの鬼”と呼ばれる。卒業し、大東音楽アカデミーで3年間学ぶ。音楽全般はもちろんのこと、日本語、ドイツ語、フランス語などをはじめとする一般教養科目を、音楽に造詣の深い一流の先生方に少人数クラスで指導を受ける機会を得る。

その後スイスのバーゼル音楽院に2年間学ぶ。そのほかパリのエコール・ノルマルにて和声を学んだほか、イタリアのキジアーナ音楽院の夏期セミナーを受講するなど、ヨーロッパ各地で研鑽を積む。

帰国後、1995年より10弦ギターの演奏を始める。文化庁国内研修生として10弦ギタ−によるバッハ作品の演奏方法を学ぶ。

1997年より軽井沢町在住。田舎での暮らし、農作業、育児などを通して、それまでの価値観が大きく変わる。
posted by JapanArts at 11:12| もっと知りたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

コラム書いています!

毎月発行されるフリーペーパー“軽井沢ニュース”にコラム「八風(はっぷう)の森に住んで」を連載中です。 軽井沢での暮らしのなかから見えて来る様々なことを、父、斎藤融のイラストとともに綴っています。 年間購読を申し込むと、自宅に郵送されます。 
karuizawa news sapmple.jpg
http://karuizawa-news.org/06/edu027.htm
E-mail:info@karuizawa-news.org







posted by JapanArts at 10:49| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

2009年03月05日

斎藤明子CD 星の林に月の船

CDNEW.jpg
中村洋子/星の林に月の船 
 

五十嵐郁子(ソプラノ)&斎藤明子(ギター)
2,500円(税込価格)

【収録曲】
1. ソプラノ独唱/万葉五題  
 1. 星の林に月の船  2. 秋の七草  3. 巨勢の春野  
 4. ゆふなみちどり  5. 東の野にかぎろひの  

2. ソプラノ&ギター/津軽の春

3. ギターソロ/十三夜  視聴♪

4. ソプラノ&ギター/日本の十二ヶ月  
   1月 若菜摘み 視聴♪  2月 水仙月  3月 暗香梅  4月 菜の花月夜  
   5月 牡丹  6月 五月闇 7月 白雨  8月 空蝉  9月 こぼれ萩  
 10月 龍田姫  11月 初霜  12月 ゆずり葉

5.ギターソロ/十三夜

作曲家・中村洋子さんのCDが完成しました。ソプラノとギターの為の曲集です。メインの曲は“日本の十二ヶ月”。12の楽章からなっているヴォカリーズですが、月ごとの情景を単純に表現したものではありません。むしろ日本という風土が生み出した“日本人の心”の描写だといえます。

生活様式も、文化も、何もかもが急激な変化を続けている日本。最近は温暖化の影響からか、日本には今までなかったような激しい気象の変化まで現れるようになりました。

そんな中、日本人は、日本人独特の情緒を果たしていつまで持ち続けることができるのでしょうか。やがてはこの曲のような“音”の表現の中にしか残されなくなってしまうのでは?

この曲に巡り会って日本人らしい感性を曲に閉じ込めることができたことを本当にありがたく思っています。

ソプラノの五十嵐郁子さんは、ギターが音量が小さいにもかかわらず、その響きを深く感じ取って、その中に歌をのせて下さいました。

“日本の十二ヶ月”の前後にはそれを象徴する曲として、ギター独奏曲“十三夜”が収録されています。




取扱:平凡社出版販売株式会社 担当:中崎
〒102-0074 東京都千代田区九段南3−1−1
久保寺ビル5階
TEL03−3265−5885
FAX03−3265−5714
E-mail:ZXF10613@nifty.com
 続きを読む
posted by JapanArts at 17:23| ディスコグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斎藤明子CD ギター・ロマンチック

317utsGtGNL._SL160_.jpg

ギター・ロマンチック
ソニー・ミュージックレコーズ
品番 - SRCR-9895

収録曲
1. ハンガリー幻想曲 作曲:メルツ(ヨハン・カスパル)
2. ベネチアの舟唄 作曲:メンデルスゾーン 無言歌
3. ベネチアの舟唄 作曲:メンデルスゾーン 無言歌
4. トロイメライ 作曲:シューマン こどもの情景
5. 夕べに 作曲:シューマン 幻想小曲集
6. ロマンス 作曲:, シューマン ノベレッテン
7. 夢想 作曲:レゴンディ ノクターン
8. ヘ調のメロディ 作曲:ルービンシュタイン 2つのメロディ
9. 白鳥 作曲:サン=サーンス 組曲「動物の謝肉祭」より
10. ムーア風舞曲 作曲:タルレガ
11. 夢のあとに 作曲:フォーレ
12. 亜麻色の髪の乙女 作曲:ドビュッシー 前奏曲第1巻第8曲
13. ジュ・トゥ・ブ 作曲:サティ
14. 愛の挨拶 作曲:エルガー
15. 愛の哀しみ 作曲:クライスラー(フリッツ)
posted by JapanArts at 17:03| ディスコグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斎藤明子CD アール・ソバージュ

アール・ソバージュ クラシック・ギター南米作品集
ソニー・ミュージックレコーズ
品番 - SRCR-9199

収録曲
1. ショーロス第1番 作曲:ヴィラ=ロボス
2. ブラジル組曲 作曲:ヴィラ=ロボス 全5曲
3. ブラジル風バッハ 作曲:ヴィラ=ロボス
4. アリア 作曲:ヴィラ=ロボス
5. 3つのメキシコ民謡 作曲:ポンセ
6. エストレリータ 作曲:ポンセ
7. やつれた心 作曲:ポンセ
8. メキシコのスケルツィーノ 作曲:ポンセ
9. 大聖堂 作曲:バリオス
10. 最後のトレモロ 作曲:バリオス
11. ワルツ第3番 作曲:バリオス
12. ワルツ 作曲:バリオス
13. 舟歌 作曲:バリオス
14. パラグアイ舞曲 作曲:バリオス
15. 郷愁のショーロ 作曲:バリオス
posted by JapanArts at 17:01| ディスコグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斎藤明子CD スペイン

スペイン
ソニー・ミュージックレコーズ
品番 - SRCR-8854

収録曲
1. スペイン舞曲第5番 作曲:グラナドス
2. スペイン舞曲第2番 作曲:グラナドス
3. スペイン舞曲第10番 作曲:グラナドス
4. 14のカタロニア民謡 作曲:リョベート
5. スペイン風セレナード 作曲:マラッツ
6. 朱色の塔 作曲:アルベニス
7. パバーナ・カプリチオ 作曲:アルベニス
8. 禁じられた遊び 作曲:アルベニス スペイン民謡
9. 朝の歌 作曲:タルレガ
10. アラールの華麗なる練習曲 作曲:タルレガ
11. アルハンブラの思い出 作曲:タルレガ
12. 涙 作曲:タルレガ
posted by JapanArts at 17:00| ディスコグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

プロフィール

saito.jpg斎藤 明子  Akiko Saito (クラシックギター )
15才でデビューリサイタルを開催。その後スペインへ留学し、‘84年、第2回スペインギター音楽コンクール第1位、’87年、第30回東京国際ギターコンクール第1位、その他国内外の数々のコンクールで優勝・入賞。さらに‘88年カザルスホール、’90年ウィーン、’91年津田ホール、ニューヨークのカーネギー・リサイタルホールにてリサイタルを行ない、国際的な評価を得る。これまで日本フィル、東京交響楽団、東京フィル、新日本フィル、新星日本交響楽団、関西フィル、札幌交響楽団、アンサンブル金沢と共演。またソロ活動に加え、ソプラノの蒲原史子、塩田美奈子、ヴァイオリンの豊嶋泰嗣など、人気若手実力派と共演し、ギターによる声楽曲や器楽曲の魅力を深める。テレビ番組では“音楽は世界だ”“プレステージ”、衛星放送“セレナーデ”NHK教育“土曜ソリトンSIDE B“等に出演、‘98年には人気番組「ウリナリ!!」で、キャイーンのウド鈴木のギターの先生として登場した。1997年から軽井沢に移り住み、自然との対話を楽しみながらギターの繊細でかつ壮大な安らぎの音楽を追求している。10弦ギター使用。 CDはソニーレコードより『スペイン』、『アール・ソヴァージュ』『ギター・ロマンティック』の3枚がリリースされている。
posted by JapanArts at 12:56| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。