2009年08月10日

軽井沢だより 8月8日

今日は児童館の催しでブルーベリー狩りに出かけました。

軽井沢といえば、昔からブルーベリージャムのイメージがあります。軽井沢の南にあたる、発地の広々とした農地にも、ブルーベリー畑が随分増えました。天気がよければ雄大な浅間を見ながら気持ちよく収穫を楽しむことが出来ます。
200908081055001.jpg 
ブルーベリーは木によって甘かったり、すっぱかったりと味が微妙に違うのがおもしろかったです。赤ちゃんから大人まで、たくさんの木を巡り歩きながら、おなか一杯になるまでブルーベリーを楽しみました。

♪斎藤明子
posted by JapanArts at 19:09| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

軽井沢だより 7月24日

P7260055.jpg

ヤマユリが大きな花を咲かせています。

遠くまで甘い香りが漂い、そこにクロアゲハが舞う様子は大変優雅です。

毎年ヤマユリが咲き出す少し前に草刈りの業者が入るのですが、その人たちもこのヤマユリだけは刈らずに残していくんです。 そうすると、丸坊主の森にヤマユリのだけがグロテスクに咲き誇るという、妙な状態になるのです。 一度だけ草が刈られていない場所に宝石のようにひっそりと輝いて咲くヤマユリを見たことがありますが、周囲とのバランスのせいかグロテスクな感じは微塵もせず、本当に美しかったです。

♪斎藤明子
posted by JapanArts at 15:56| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

軽井沢だより 7月21日

今日は浅間山がとてもきれいに見えました。

P7150048.jpg

山は毎日違った表情ではあるものの、いつも浅間山が生活を見守ってくれている安心感が確実にあるのです。

ドイツでは景色が変わらない状況が続いた年数を”景観年齢”と呼んでいるそうです。そして開発していく時には、まずその場所の景観年齢を定めるそうです。ここは景観年齢を長く保ち、人の精神的安定に役立つ場所・・・。ここは便利に生活していけるように景観にこだわらず開発を行う・・・。というように決めていくそうです。

軽井沢は今どんどん開発がすすんでいるので、是非こんなやり方を採用して欲しいなあと思います。



♪斎藤明子
posted by JapanArts at 15:21| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

軽井沢だより 7月13日

P7130046.jpg
私は子どもの頃からなぜか昆虫をはじめとする小さな生き物たちに興味を持ったためしがなく、むしろいまだに苦手です。しかし軽井沢に住むようになり、そんな苦手な方たちとの接触がとても多くなってしまいました。

さらに娘のひとりが大の生き物好きで、家にいろいろと連れてくるようになりました。そして生まれて初めてカタツムリを飼うことに・・・。 今日土の中に小さくてまん丸な卵を発見し、娘と二人で大興奮!

調べてみるとカタツムリには雄も雌もなく、2匹そろいさえすれば卵が生まれることを知り、さらに驚きました。色々な発見があり、勇気を出して飼ってみてよかったです!

♪斎藤明子
posted by JapanArts at 17:48| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

軽井沢だより 7月11日

今日は長倉神社の花火大会でした。軽井沢では花火にも寒さはつきものです・・・。
今年は雨が降らなかっただけラッキーでした。
 P7110017.jpg
♪斎藤明子
posted by JapanArts at 17:57| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

軽井沢だより 7月8日

ホタルブクロが美しい時期になりました。本当にこのなかにホタルを入れて、提灯のようにしてみたくなります。きっととても幻想的なんでしょうね。
P7070001.jpg
♪斎藤明子
posted by JapanArts at 15:57| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

軽井沢だより 6月27日

今日はりんごの摘果作業をしました。
P6270002.jpg
信州中野に住むギター愛好家、永井寛彦さんの果樹園で、りんごの木のオーナーをさせていただいているのです。
P6270010.jpg
今年はこんなにたくさん実が付いていました。それをつぎつぎとはさみで切り落としていくのは、とても勇気のいることでした。もったいない・・・。信州中野のフルーツは、りんごだけでなく、さくらんぼ、桃、巨峰など、どれも本当に美味しいのです。朝晩の寒暖の差がよいのだとか。おいしいだけでなく、ここはそこに立っているだけで本当に気持ちの良い場所なのです。収穫まで、何事もなく育ってくれることを祈って帰りました。

♪斎藤明子  
posted by JapanArts at 16:44| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

軽井沢だより 6月25日

ホタルの季節がやってきました。

軽井沢の“発地ホタルの里”ではボランティアの方たちが天然のホタルの自然繁殖を助けようと努力されています。雨上がりの生暖かい夜、8時過ぎから9時ごろまでがチャンスです。

一昨日は10匹ほど、昨日は15匹ほどと寂しい状況ですが、それでも子供たちにとっては、真っ暗な中でお友達と遊べることが何より楽しそうで、ホタル以上に、年に数回しかないこんな夜を謳歌しているようでした。

♪斎藤明子
posted by JapanArts at 14:45| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

軽井沢だより 6月19日

今日は子供たちと桑の実をとりに行きました。

P6190030.jpg

隣町の御代田に田んぼと畑を借りていて、そこにたくさんの桑が実るのです。

軽井沢と隣同士といっても、天候は全く違います。軽井沢と比べるといつも天気がよく、暖かいので、桑も一足お先に食べることが出来ます。 たくさんとったのでジャムにしようと思いましたが、そうなる前に娘たちが生のまま食べきってしまいました。

「実ってるうちに何回でもとりにいこうね!」

P6190034.jpg

自然の懐の大きさを感じる一瞬です。

♪斎藤明子
 
posted by JapanArts at 10:42| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。