2010年02月03日

アナリーゼ講座

4月にバッハを演奏するので、ただいま勉強中。作曲家、中村洋子先生の、平均律第1巻第1番のアナリーゼ講座に出かけました。実筆譜からの検証や、バッハのほかの作品との関連、そしてその後の作曲家がそこから何を学んでいたかにいたるまで、大変詳しい内容。まるでバッハがそこで作曲をしている姿がリアルに見えてしまいそうなほどに、迫真に迫ったお話でした。バッハを演奏することは非常に怖いことには変わらないのですが、それ以上に“どうし ても演奏したい!”という欲求をかきたてられる講座でした。
 
♪斎藤明子
posted by JapanArts at 16:56| 斎藤明子こんな出来事! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。