2009年07月23日

軽井沢だより 7月21日

今日は浅間山がとてもきれいに見えました。

P7150048.jpg

山は毎日違った表情ではあるものの、いつも浅間山が生活を見守ってくれている安心感が確実にあるのです。

ドイツでは景色が変わらない状況が続いた年数を”景観年齢”と呼んでいるそうです。そして開発していく時には、まずその場所の景観年齢を定めるそうです。ここは景観年齢を長く保ち、人の精神的安定に役立つ場所・・・。ここは便利に生活していけるように景観にこだわらず開発を行う・・・。というように決めていくそうです。

軽井沢は今どんどん開発がすすんでいるので、是非こんなやり方を採用して欲しいなあと思います。



♪斎藤明子
posted by JapanArts at 15:21| 軽井沢だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。