2009年06月17日

プロフィールをもっと知りたい!

1967年東京に生まれる。

祖母の叔父は山田耕筰。

父はイラストレーターの草分け、斎藤融。

4歳になり何かお稽古事をやらせてもらえることになり、憧れのバレエ、ピアノと見学するも、レッスンのあまりの厳しさに夢破れる。当時流行していたカントリー&ウエスタン、ブルーグラスなどが好きだった父の勧めで、ギター教室を見学に。クラシックギターを聴くのは初めてだったが、その暖かい響きに誘われレッスンを始める。当時クラシックギター界では英才教育への試みが始まったばかりで、その第1号として、先生からも、ギター界からも、大切に育てられる。

慶応義塾中等部ではマンドリンクラブに在籍。卒業後、同女子高等学校に入学。
ギターを学ぶため16歳で単身スペインへ。バレンシア地方のアルコイ市で1年間ホームステイをして暮らし、カルチャーショックを受ける。

帰国後高校在学中に部活動でロックバンドのギターを担当することとなり、エレキギターを経験、“ギターの鬼”と呼ばれる。卒業し、大東音楽アカデミーで3年間学ぶ。音楽全般はもちろんのこと、日本語、ドイツ語、フランス語などをはじめとする一般教養科目を、音楽に造詣の深い一流の先生方に少人数クラスで指導を受ける機会を得る。

その後スイスのバーゼル音楽院に2年間学ぶ。そのほかパリのエコール・ノルマルにて和声を学んだほか、イタリアのキジアーナ音楽院の夏期セミナーを受講するなど、ヨーロッパ各地で研鑽を積む。

帰国後、1995年より10弦ギターの演奏を始める。文化庁国内研修生として10弦ギタ−によるバッハ作品の演奏方法を学ぶ。

1997年より軽井沢町在住。田舎での暮らし、農作業、育児などを通して、それまでの価値観が大きく変わる。
posted by JapanArts at 11:12| もっと知りたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。